新しいろ過器【水作 タートルフィルターL-2】

  • 2020.10.18 Sunday
  • 15:17

JUGEMテーマ:日記・一般

 

ろ過器を入れているにも関わらず相変わらず2、3日に1回の水替え。

う〜〜〜ん・・・

 

で、人様のカメブログなど色々参考にさせて頂きつつ、

今のろ過器まだ買って半年も使ってないのに・・・とか悩みましたが、

結局新しいのを購入することにしました。

 

こちらです。

水作のタートルフィルターL-2

 

最初のはGEXのカメ元気フィルターだったんだけど、

あれはフィルターが新しいうちはいいんだけど、1週間も持ちません。

子亀のうちはいいんだろうけどねぇ。

 

今回の水作のはろ材2段重ねになってる分大きいけど、

その分まじすごいろ過パワーです。

 

下の白い部分は分厚いフェルトみたいなろ材で、

上は砂利みたいなやつです。

 

水替え時はどっちも水張ったところで振り洗いするけど、

モロモロした汚れがすごいでてきます。

砂利はバラして洗いたいところだけど、

中の微生物まで流れちゃうのでそれは厳禁みたい。

 

砂利の中心と下の方に黒いスポンジが入っててそれは出してよく洗うように

どなたかのブログに書いてあったのできれいに洗ってつかってますが、

9月9日から使用して今日は10月19日。

白いフィルターは待っ茶色のどろどろですがろ過機能は全く変わりません。

素晴らしい!!

 

これは20日ほど経った頃。

今はもっと待っ茶色。

予備のフィルターも買ってあるけど、

まだ全く交換の必要を感じないろ過っぷり。

このろ材はGEXのに比べるとだいぶ高いんだけど、

コスパ良すぎなんじゃないだろか。

 

一応4、5日に1回は換えてますけど、

1週間〜10日ぐらい水替えしなくてもきれいそう。

 

水がきれいなうちに掃除すると

水に浸かってる色んなものもヌルヌル汚れてないので洗うのも楽で簡単。

めっちゃいいですよ!!

 

最初気になったちょっと強い水流もことぶきは別に気にしてないみたいだし、

音もヴ〜〜〜〜〜ンと低いモーター音はしますけど、

私はそこまで気にならないかな。

とにかく気に入ってます♪

 

ことぶきも毎日機嫌よさそう♪

 

そうそう、登り専用で使ってると思ってたスロープも

たまに下りでも使ってるみたい(笑)

 

とにかく毎日お水もキレイで機嫌よく過ごしてるようだし、

私も水替え色々楽でうれしい。

 

小さいうちは苦にならないカメの水替えも

大きくなるとなかなか大変。

 

飼い主が苦痛にならないよう楽に出来るの大事ですよね。

これからもお互い仲良く暮らしていこうねー!!

 

 

【おまけは】芦屋川 地獄谷をとことん行く。【横池と七兵衛山】

  • 2020.10.11 Sunday
  • 21:24

JUGEMテーマ:日記・一般

 

2020年9月28日(月)すみっこぐらしコラボ電車でやってきました。

ここは阪急神戸線の芦屋川駅です。

 

この日は芦屋川ロックガーデンから地獄谷へ向かいました♪

 

茶屋のすぐ後ろにある高座の滝。

この先からすぐに岩場や滝登りとなるので、

ここでグローブはめたり水筒など落とさないよう中に入れたり準備します。

 

すぐこんな感じなんですよ。

写真はここに誘ってくれたKさん。

今回2度目の地獄谷。

 

ルートの説明は難しい。

こんなとこや、

 

こんなとこ。

とりあえず川沿いに。

滝は一見登れなさそうで、意外と登れる。

さがせば迂回ルートも周りにあったけど、

私たちは滝しぶき浴びながら一応全部滝を登っていきました(笑)

 

けど、ここは人が行ったから自分もと無理するより、

自分で登れそうなとこ探して自分の判断で登る方が絶対いいです。

時々落ちてずぶ濡れなったり怪我したりしてる人もいるそうなんで、

人任せはやめた方がいい。

 

一応この大岩が見えたらルートは間違いない模様。

 

写真撮るの忘れたけど、この横だったか

この先だったかに有名な小便滝ってのがあって、

ほとんどの方はそこからAケンとかそっちの方に登っていくのですが、

今日は私たちはとことん地獄谷を歩きます。

 

登ってきた滝を上から見下ろす。

ひ〜〜〜怖い怖い!!

 

きゃー怖い怖い(笑)

 

先は倒木またいだりくぐったり、色々荒れてるとこもありますが、

キレイなんですよ。

 

秘境感満載で写真で見るより実際はもっとステキ♪

 

しかしそんな素敵な地獄谷ですが、最後がわからない。

水がほとんどなくなってきて川じゃなくなってきたあたりのすぐ先に

GPSでは登山道があるんですが、そこに出る道がわからない。

 

黄色いラインを歩いて来たんだけど、

黄緑のマーカーの辺りで行けそうな道が全くない。

直進したらよかったのかしら・・・?

途中も怪しい分岐は何度かあったけど、絶対行けなさそうだったしなぁ。

そもそもここは登山道じゃないし元から道なんてなかったのかもね。

知らんけど。

 

やむなく強硬手段で、登れそうな斜面を無理やり登る。

去年登山道見失った時もこんな斜面登ったけど、

またこんな怖い事するはめになるとは・・・。

 

踏み固められてない山の斜面は柔らかい。滑る滑る。

木の根や岩を掴むもぼろぼろ崩れて怖い怖い。

途中で藪に遮られ進むのも無理っぽくなったけど、

下りる方がもっと無理っぽかったんで藪かきわけてむりやり進んだら、

出ました。

登山道。

歩いてたおじーさんに一瞬ぎょっとした顔されてしまった。

こいつらどっから出てきよったんや・・・と思われたことでしょう。

ほんますんません・・・。

 

ここからは少し戻って風吹岩・・・には行かず横池に。

ここは(横池)雄池。

何ここ美しい〜〜〜✨✨✨

きれいな景色を見ながらここでお昼にしました。

 

食べたら次は(横池)雌池に。

ここもすごくステキだった。

Kさんが前回来たときはもっと水量がすくなくて真ん中の大岩まで行けたそう!!

まじか。

この日はそこまで泳げそうな深さだったよ。

 

この後は普通の登山道を歩いてたのにまた道に迷う。

道の途中でがっさーーーっと崩落してたんだけど、なにこれ。

GPS見ながら歩いてたら落ちそうなったわ!!!

手前に分岐でもあったんだろうか!?

写真の右の方からまた無理やり登って登山道へ出る。

とりあえず方向は解ってるからなんとなく目的地にはついてるけど、

今日迷ったの4回目。

 

それでも無事に七兵衛山へ到着。

 

ちょうど六甲アイランドの前辺りかしら?

いい景色に来てよかったーーーーーってなる。

 

同じルートで下りたはずなのに違うとこ出てあーっもうっってなりながら

登山道だからまぁいいじゃんって、岡本方面へ下る。

 

途中怪しい分岐をクリアーしながら多分あってるだろう的に歩いてたんですが、

無事八幡谷(はぶたに)へ出ました。

 

岡本から登る時はこの神社通って行くんだねぇ。

 

岡本へ降りたらまだ2時半ぐらいだった。

あんなに大冒険した気分だったのにそんなに時間たってなくてびっくり。

 

せっかく時間あるんで、二駅電車乗って六甲おとめ塚温泉へ。

普通のお風呂屋さんなんだけど、お湯が天然炭酸泉。

お肌にシュワシュワ泡がつく。

露天でリラックス。

気持ちよすぎ。。。

 

ここの難点は駅からちょっと遠いことかなぁ。

一番近そうなJRの六甲道からでも1キロぐらいあるもんね。

さっぱりした後は餃子食べたくなったんで王将探して

ビールと餃子(笑)

 

最高の山行でした。

 

最高でしたが、地獄谷はほんとに道がよくわからん。

遭難する自信ならたっぷりあるけど。

一人で行ってみたいけど、もうしばらくは誰かと行こう。

 

皆さまもくれぐれもお一人は避けて、

みんなで楽しく行って下さいねー。

 

 

 

【一年ぶり】一人で金剛山【二回目】

  • 2020.10.04 Sunday
  • 15:34

JUGEMテーマ:日記・一般

 

暑さも落ち着いてきたので、ほぼ一年ぶりに金剛山へ行ってきました。

つまり山へ登りだしてちょうど一年って事ですね。

 

で、この一年でどれぐらい登れるようになったんだろうと

あえて去年と同じ千早城から本道通る階段しかない王道ルートで登りました。

 

10分ほどで千早城址に到着。

 

相変わらず薄暗い神社を抜けて楠木塚へ向かう途中はまだ虫が鬱陶しかったです。

合流地点は何やら工事中な様子。

階段の補強して下さってるのかな?

すごいなぁ、ありがとうございます。

 

ここからは虫もほとんどいなくて延々と続く階段を黙々登る。

5合目に休憩小屋があるんでそこで軽く食べてまた黙々と登る。

 

岩湧山かなぁ?

景色が見えるこの辺りは8合目。

普通にしんどいわ・・・。

 

着いたら10時回ってる。

時計見てなかったけどどこで時間食ったんだろう・・・?

 

この日もいいお天気でハルカスのほうまでよく見えました。

気持ちよくてコーヒー飲みながらしばらくだらだら休憩する。

 

休憩しながら一年ぶりの金剛山を考える。

正直もっと楽に登れるかと思ってたのですが、まったく楽じゃなかったわ。

夏場3か月登山お休みしてたし当たり前か。

いや、初めての時よりはぜんぜん平気で登れたわけですが、

これは一度登ってペース配分が解ってるのと、体力があがったと言うより、

トレッキングポールのおかげなんでしょうねぇ(笑)

 

帰りはさすがに階段はお腹いっぱいなんでどこから帰ろうかと考えながら、

とりあえず葛木神社へ。

山頂広場に金剛山頂と書いてあるから勘違いするけど、山頂はここ。

 

帰りルートに悩みつつなんとなくロープウェイ方面に向かっていると

細尾谷から次々人が上がってくる。

別名シルバールートと言われるぐらいなんで浅はかにも楽そうに思って

ここから降りてみることに。

 

ここから下りる。

直進するとロープウェイ方面。

 

いきなり段差の深い、急な下りでちょっとびびる(笑)

とはいえそう難しい事もなくすいすい下る。

 

黒いゴムチューブみたいなのが出てきたらそれ沿いに。

沢に出たら右へとにかく下る。

 

しかし、荒れておる・・・。

そしてガレておる。

 

もう写真撮りませんでしたけど、

とにかく荒れてましたね〜〜〜。

 

倒木激しく、えーーーーこれ無理ちゃうん!!

っと思っても意外と通れます。

 

それと沢沿いと思ってたんですけど、ほぼほぼ沢の中です。

だから雨の後など水量多い時は通れないでしょうね。

 

この日もけっこう水の多い場所があったんですけど、

マジで無理やろと思ったら周りよく見て下さい。

登山道がひょこってあります。

で、こういう登山道はすぐ終わってまた沢の中って感じです。

 

一か所こんな丸太橋渡るとこなんかもあったりして。

ぐらぐらりんでちょっと怖い。

 

あまりに沢の中が長くてどっかで分岐見落としたんかな?と

不安になりますが心配しないで下さい。

7割ぐらい沢ん中です。

 

ずーーーーっと沢ん中歩いてたら林道にでます。

道迷いの心配はありません。

 

そして最後に大岩またいで林道を右に下れば百ケ辻です。

因みに左は伏見峠へ向かう模様。

 

バスまで時間あったんで居合わせた方がたに教えて貰ったんですが、

このコースは登りで使う人のほうが多そうですねー。

登りなら急登もないしまぁシルバーと呼んでもいいのかも。

下りはまったくシルバーちゃいますし!!

 

そしてまぁ無事に下山しバスで帰途についたわけですが、

感想は「やっぱ金剛山はなかなか楽しい。」です。

人気のお山は人も多いので一人で行っても安心ですし。

 

二年前の台風で使えなくなってた寺谷ルートも通れるようになってるみたいだし、

また行こうと思います。

台風なかったら今日のルートもすごくキレイでよかったんだろうな。

 

行きたいところがありすぎてなかなか追いつかないけど、

ぼちぼち頑張って登って行こうと思います♪

 

 

 

【DIY】シンク前の棚をセルフリフォーム

  • 2020.09.06 Sunday
  • 15:15

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今日はシンクの前にある棚をリフォームです。

セルフとは言え前のも自分で作ったんだけどね。

 

今あるのはディアウォールでH型に作ってあったんですが、

2月に食洗器の上に棚受けで作ったちょい置き棚が気に入ってまして、

揃えてすっきりさせたくなったわけです。

 

それとシンクの端に水切りラックって言うのかな?

あれを置いてるんですが、

あれは便利だけどシンクが狭くなるし何気に汚れがよく溜まりません?

それも一緒に片づけようと思ったわけです。

 

で、合体させて作るとこうなりました。

Hに建ててた柱は壁に沿わすだけでけっこうすっきり。

 

この深めの水切りラックは白いザルボールついててすごいよかった。

細かいものやガラスのコップなんかも落ちる心配ないし、

2Lのペットボトルの水切りもここで出来ます♪

間に突っ張り棒渡してありまして、台拭きなんかはそこで干せるようにしました。

 

 

ラックは落ちないように余り木打って、取り外しできるようにしてます。

 

ここは手をふくタオルかけたりまぁ色々。

 

因みに棚の端にぶら下がってるやつはこいつです。

こいつはホームセンターで購入。右のは先日100均でみつけました。

どっちもめっちゃお気に入りです。

 

こう使います。

ペットボトルは1本だけとかなら前の水切りでいいですが数本あるとこれです。

ボトル系だけじゃなく調理器具も水切りできるし、

ビニール袋かけて漬け置きしたりなど、こんな簡単なものなのにほんと色々使えます。

 

写真はまな板の水切りしてますが、

右のも鍋の蓋たてたり菜箸やお玉置けるんでどっちかと言うと調理中に便利かな。

 

今回一番うれしいのはシンクが何気に広く使えるようになったこと。

元々小さいのに更に狭く使ってたからなぁ。

ホントうれしい♪

 

費用は前に使ってたのをばらして持ってた端材を切っての再利用なんで、

棚受け4個で約1,000円、新しく買った水切りラック約2,000円ぐらいかなぁ?

水切りラックがちょっと高いなーと思うけど、すごいよかったので後悔はない。

 

とりあえず半年ぐらいなんとかしたいと思ってたのが、

出来てよかったです。

しばらくこれで、また気になりだしたら考えまーす。

 

 

 

 

ことぶきの新居が完成しました♪

  • 2020.08.30 Sunday
  • 13:22

JUGEMテーマ:日記・一般

 

先日悩んでた幅700のコンテナボックス。とうとう購入しました。

ことぶきが我が家にやってきてもうすぐ2年。

5回目の引っ越しですよ・・・。

もうこれで最後にしたい・・・。

 

そもそも全体の大きさというより日向ぼっこ台を広くしてあげたかったんですよね。

でもそうするには結局全体も広くした方がいいかもな・・・って感じです。

 

で、広くしたい日向ぼっこ台ですが、探したけど思ったようなものは見つからず、

色々考えて自作してみました。

 

使ったのはダイソーで見つけたウッドデッキパネル(30cm×30cm)と

ブックエンド(L20Dcm×W13.5cm×D10cm)。

(写真のブックエンドは違うサイズです。)

 

ウッドデッキパネルをノコギリで30cm×20cmぐらいにカットして、

そのふちにブックエンドを横にしてボンドで固定。

階段はレンガを積みましたが、どうも上り下りしにくそう。

 

パネルも右の方が50mmほど空いてるんですが、そこにことぶきが落ちるんですよね〜〜〜。

わざと。

 

で、改良したのがこちら。

スロープにして右側もつぎ足しました。

あとでブックエンドの足も一番端に付け替えました。

 

これでOK!!・・・と、思ったんですけど、

100均のってダメでしたね。

日向ぼっこ台は水に浸かってないので大丈夫なんですが、

一枚だと思ってた板もボンドで貼り合わせてたみたいで、

水に濡れた部分はフヤフヤと全部分解してきましたよ・・・。

 

一度釘打ったんですけど、ボンドが水に溶け出してるって事を考えると、

ことぶきに飲ませるわけにはいかないのでやっぱりこれは取りやめで、

次はこうなりました。

GWにガレージをDIYしたときの桧の端材がいっぱい残ってたので、

それに滑り止めで緑の巻きまして、浮き防止にブロックで重し。

 

スロープは引き続きちょうどいいの探してるんですが、

使えそうなのみつからないので当面これでいく予定。

ことぶきも気に入ってるぽいし♪

登って

 

ターンして

 

ドボンッ!!

を繰り返すことぶきちゃん。

楽しそう(笑)

 

因みに日向ぼっこ台の下の黒いのはコレです(笑)

足裏が滑らなくていいみたい。

黒いのも落ち着くのかな?

これもすごく気に入ってるぽくてよくこの中で寝てるみたいです。

 

特に室内で飼ってる方は観察用によく見えるようにしてるようですが、

私はカメだってプライバシーは必要だろうと思ってるので

落ち着く隠れる場所は用意しといてあげたいです。

 

更に亀に必要なプライバシーは人間にも必要なようでして・・・。

ことぶきの水槽は油断するとすぐうちの母親に全面もので囲まれてしまいます。

 

ことぶきは水替えの便宜上、ガレージに近い母の部屋にいるんですが、

母はことぶきにじーーーーーっと見られるのが嫌なんだそうです・・・。

母が言うにはことぶきは水槽の中から常に母の様子をうかがってるそうで(笑)

 

それは別にええやんか・・・と思うんですが、

母は嫌やーーーって聞かない。

おかーさんにもプライバシーはいるねん!!って叫んでます。

 

しょうがないのでことぶきが閉じ込められてるみたいになるから、

全面塞がないようにだけ言ってます(笑)

 

お互いのプライバシーを尊重しつつ・・・。

ことぶきには出来るだけ快適に幸せに暮らしてほしいと思ってます。

 

 

 

「ろ過器」を投入してみました!!

  • 2020.08.09 Sunday
  • 16:20

JUGEMテーマ:日記・一般

 

インスタで仲良くしてもらってる同い年ぐらいのカメさんちが濾過器を投入されたようで、

なんとなくうちも投入してみようかと思い立ち、買ってみたのですが・・・。

 

あまりお気に召さない様子(笑)

なんじゃこらなんじゃこら???とビビってるよう。

 

落ち着きなくバタバタしてることぶきさん。

 

なにこれいーーーやーーーっ!!!

 

ろ過器あるから砂利いらんかな?と思って砂利を取り払ったところ、

私は掃除がものすごく楽になったのだけど、

ことぶきさんは更に落ち着かなくなった様子。

 

数日しても落ち着かなかったら元にもどそうかと思ったら翌日には平気になった模様(笑)

思ったより適応早かったけど、カメがこんなにデリケートな生き物とは知らなかったわ。

 

それにしてもワイヤーネットから顔が出るほど大きくなってると

ほんとに入れ物大きくしないといけませんねぇ。

 

次となるとコレなのよ。

 

700サイズになると水換え大変だろうなぁ。

 

悩む。

そして変えたらまたことぶき落ち着かないかもなぁ・・・。

 

因みに水はすごいキレイです。

3、4日変えなくても大丈夫そう。

・・・新品のフィルターだとね。

 

ただことぶきの💩の量が多いのでフィルターの汚れがハンパない。

交換時期はだいたい20日ぐらいと聞いてたけど、

3日ぐらいでフィルターはすでにまっ茶色。

とても20日ももつとは思えないので今後どうするかは検討中。

 

生き物を飼うと言う事はなにかにつけて大変です。。。

 

 

 

憧れの伊吹山は・・・超過酷。

  • 2020.08.08 Saturday
  • 17:56

JUGEMテーマ:日記・一般

 

この日は6月15日月曜日。

梅雨の合間をぬって前から行きたかった伊吹山へ行ってきました。

これも5月に行きたかったのだけどコロナでこの日になったのでした。

 

すごい雨が続いてたのでこの日も雨が降らなかったらいいなぐらいに思ってたところ、

まさかの快晴🌞晴れ過ぎなぐらいのいいお天気🌞

 

JR近江長岡からバスで来た登山口には人気なし。

登山届を書いて協力金を払って入山します。

 

ガレ場は山頂付近だけかと思ってたらいきなりけっこう岩の道。

 

樹林帯を抜けてようやく1合目。

なんだか1合目までが妙に長く感じたけど暑さのせいかな?

とにかく暑かった。

 

しかし一合目までは樹林帯で日影もあったのだけど、

ここからは地獄だった。

 

全く日影のない炎天下。

暑い・・・暑くて暑くて足も進まない。

 

この辺りで若干帰りたい気分になっている。

 

そしてこの後から本当に足が動かなくなってフラフラに・・・。

そうです。

熱中症です。

もう本当に暑くてね・・・。

 

3合目まで頑張れば屋根のある休憩所があるから!!

もうちょっと頑張って!!

と、同行のKさんに励まされなんとか辿り着いた休憩所で横になる。

そのまま1時間以上寝てしまった。

 

お昼ぐらいに起きて諦めようとしたら

Kさんに熱中症は冷めたら大丈夫♪日が長いから今からでも大丈夫やで!!

と、続行させられてしまった・・・。鬼かよ。

 

まだふらふらしてる私に4合目と5合目はほんまに短いからすぐ着くって!!と元気なKさん(笑)

 

実際4合目は休憩所からも見えてる近さで、

写真の5合目までも本当にすぐだった。

次は写真の真ん中より少し右上の白い小屋で休憩しようと目指したんだけど、

そこもわりとすぐ着いたかな。

 

3合目を超えた辺りからは暑さもましでこの辺りまでくるとけっこう涼しい。

体力も回復してきて順調に歩けるようになってきて、ほっとする。

 

ぼちぼち咲いているかわいい高山植物を楽しむ余裕も出てきて

けっこうガレてきた8合目をすぎたこの辺りで時間は14時。

だいぶ寝てたからなぁ・・・。

山頂で食べたいところだけど、ここでお昼に。

 

とは言え最初あまり食欲もなかったのだけど、

この日はカップヌードルにして正解だったよ。

塩分がおいしくてなんとか完食できました♪

 

景色も少しガスってたけど、この辺りはすごくよかったです♪

 

直線だとすぐな感じの山頂も、九十九折に歩いてるんでなかなか着かない。

下から見てるより急な斜面に悪い足場。

下りる時怖そう・・・。

 

実際足くじいたんじゃないかしら?

下ってきた軽装の若い男性は歩き方がおかしかったな。

無事に下山出来ますようにと願いつつ私たちは山頂へ。

 

下の方で出会った人たちが次々下山してきて「頑張って!!」と声をかけていただいた。

ありがとうございます。

頑張ります!!と進む。

 

随分ガスってきた中で熊の糞見つけてビビりながら、

ようやく山頂〜〜〜〜〜!!!

伊吹山頂1,377m!!!

おめでとう私(笑)

 

時間は15時12分。

本当なら下山してる時間だよ・・・。

 

やっと着いた山頂はガスガスで真っ白。

何も見えず。

お花畑もまだちらほら咲きだしたところって感じ。

おまけにTシャツじゃ寒い。

何か着ないとどんどん冷えてくる。

時間もヤバい。

トイレすまして早々に下山。

 

下山はやっぱり怖かった。

怪我は絶対したくないので注意して下る。

 

7合目あたりまで下りたらガスもなくなりいいお天気!!

明るすぎてスマホの画面が見えなくなり上手く撮れませんでしたが、鹿です。

気付けば周りは鹿だらけ。

鹿の方からすればあんたらこんな時間になんでおるん?って感じだったんでしょね(笑)

 

若干テンション上がりつつ機嫌よく降りてたんですが、

この時私は持ってたUVカットパーカーを着ないといけなかった。

後悔してもどうしようもないけど、なんであの時着なかったんだろう・・・。

 

その時私は強烈な西日に腕が焼かれていることに気付かず、

ブヨに咬まれていることにも全く気付かず、

その後1か月は日焼けのケアとブヨのかゆみとは2か月以上戦う羽目になるのです。

 

アームカバーや日焼け止めなど日々の努力が数時間で無駄になってしまったこの絶望感・・・。

 

あこがれの伊吹山。

道は見えてるので迷う心配もない。

山そのものは楽しかった。

 

3合目までがしんどいのよね。

そこを頑張れば後はなんとかなる。

あそこまで暑くなければそれも問題なかったかも。

 

熱中症さえなければもっと早く登頂出来てもっと早い時間に下山出来てて、

日焼けはともかく夕方に出てくるブヨやら色んな虫に刺されることはなかったろう。

いや、そもそも暑くなってから山行くってのがもう・・・。

でもお花の咲いてる季節は夏だしなぁ・・・。

 

暑さに負けない体を作るか、夏場の登山は避けるか、

どっちかですね(笑)

 

因みに下山は18時55分。

バスはないので、TAXIを呼ぶもそっち方面走ってる車はもうないのでと

1社目は断られる。・・・マジか。

2社目のTAXIが来てくれることになったのでその間にトイレで着替えて無事駅へ。

 

びっくりするほど日焼けした肌はハトムギ化粧水を日々叩き込み、

最近ようやくマシになってきました。

来年の再チャレンジを誓いつつ、

秋に肌が元の白さを取り戻すことを願うお盆休みです。

 

 

大きくなったことぶきちゃん

  • 2020.08.02 Sunday
  • 18:00

JUGEMテーマ:日記・一般

 

久しぶりにことぶきちゃんです。

 

あいかわらず元気で外に出したらすごい勢いで部屋中歩き回ってます。

 

丸々しておる(笑)

来たときはすずの尻尾より小さいぐらいだったのねぇ。

 

脱走するので放亀してるあいだは仕切りされてます。

どこにあったのこの洗濯板・・・。

ちょうどいいサイズ感。

 

水槽の外をお散歩するのが大好きなことぶきは毎日出せ出せとうるさいようで、

この日も夜遅くまで暴れてたみたい。

こちらは夜中までうるさくしてて母に怒られたことぶきちゃんです。

「いつまでもうるさいなっ!!」って怒られて、

ひゅっと首をすくめてるところをみると怒られたのは解ってるのかしら?(笑)

 

それにしても大きくなったなぁ。

もうこの上で体の向きを変えるのはしんどそう。

 

そろそろ水槽大きくしないとだめかしら!?

どうですか?

せまい?

 

水換え大変・・・悩むなぁ。

 

 

 

【福知山線】桜の園(亦楽山荘)【廃線敷】

  • 2020.08.02 Sunday
  • 17:39

JUGEMテーマ:日記・一般

 

前回、JR福知山線廃線敷ーハイキングコースについて書きましたが、

その中の親水広場から写真の階段を上がると

桜の園(亦楽山荘)があるんです。

 

この階段。

 

この間続きで行ったんだけど、長くなるので分けました(笑)

 

一番大きく回ると2時間以上かかりそう。

私は遅くなったので滝見てUターンするつもり。

 

さて、廃線敷は距離はあれども平坦でしたが、

ここから先は普通に山です。

 

この辺りに蛇いたわ。

けっこう大きくてびっくりした。

 

そうそう、この階段から大峰山へ抜けれます。

ただちらから向かう人は滅多にいなさそう。

だいたい中山→大峰山→廃線敷が通常ルート。

涼しくなったら行ってみようと思います♪

 

そしてこちらは紅葉ビューポイントらしいです。

ここは桜の園と言うので桜の時期を狙ってたのですが、

実は紅葉の方が素晴らしいという情報が(笑)

 

かれこれ30分は歩いて思ったより遠いなーと思った頃に現れる案内板。

 

それにしても道が険しい。

険しいってか長らく人が入ってないみたいで、

落ち葉に隠れて道がわからんしなかなかの荒れっぷり。

 

この日は試し履きも兼ねてたので新しい登山靴をしっかり履いてたのと

トレッキングポールも入れっぱなしてたのでよかったけど、

ハイキングでふらっと入って歩くにはなかなか危険な感じでしたよ。

 

ここまで来たんだからと滝まで行ったけど、

滑落しても絶対誰も来ないんでかなり慎重に行きました。

 

で、そんだけ頑張って見に行った滝がこちらです。

しょぼい・・・。

 

数年前まではなかなかいい感じの滝だったらしいですが、

いつぞや関西を襲った例の台風でこうなっちゃったみたいです。

 

先へぬけれてた道も崩れてて今はロープが張られてます。

 

実は入り口付近でここの主って言われてるおじさんに偶然会って、

その時滝がしょぼくなってるとも聞いてたんだけど、

それにしても道中の苦労と割が合わなさすぎですやん(笑)

 

ここまで荒れてるならそれは言って欲しかったなぁ。

荒れ果てた山道。

ふいに現れる蛇にトカゲやカエルたち。

上からはカラフルなイモムシが落ちてきて帽子にはりつくオマケつき。

 

きゃーとかなって慌てて足踏み外したらえらい事になるやんか!!

そういうタイプじゃないんでよかったけど。

 

桜の道やもみじの道は通る方もけっこういらっしゃるようなので、

まぁ次来る時は普通にそっちを回って帰るようにします(笑)

 

 

JR福知山線廃線敷ーハイキングコース

  • 2020.08.01 Saturday
  • 17:49

JUGEMテーマ:日記・一般

 

先々月ですが、去年から行こうと思ってたJR福知山線廃線敷を歩いて来ました♪

桜の時期を狙ってたんだけどコロナで自粛中だったので、

緊急事態宣言の解除を待っていくことに。

 

思いのほか暑くなったこの日は5月29日。

生瀬から行く人が多いようですが、私は西宮名塩から行きました。

 

これは途中で撮った住宅街ですが外国みたいでステキー!!

なんでこっちからにしたかと言うと

雑木林を抜けていくみたいでよさそうに思ったからなんですが、

結局分岐を見落として176号線沿いに行く羽目に・・・。

でも道は一本で歩道も広いから生瀬よりどちらにしてもいいんじゃないかしら?

 

車はばんばん走ってたけど誰にも会わずにたどり着いた廃線敷は

入り口にまだコロナだから入らないでとの貼り紙が。

・・・。

こういうのは守りたいところなんだけど、

ここまで来てそれはなかろう。

心の中でごめんなさいと謝りながら入らせて頂きました。

ほんとにすいませんでした。

 

しかし進むにつれて聞こえてくる川音に心は弾む。

現れた川の景色は申し訳なさも吹っ飛ぶ迫力でした(笑)

 

思わず「ぅわ〜〜〜〜〜♡」とため息のような声が出ましたよ(笑)

 

10分15分ほど歩けば一つ目のトンネルに到着。

ちらっと除くも本当に真っ暗で懐中電灯なしじゃとても無理。

入るの怖い。

誰か来ないかなーと思ったけど誰も来ないので一人で頑張る。

 

スマホでなんかすごい写真撮れたよ(笑)

入り口付近のわずかな明かりだけでフラッシュなし。

すごいなスマホ。

 

出口付近で数人とすれ違ったけど、外に出るとほっとする。

出たら異世界とかじゃなくてよかった。

美しい新緑と迫力ある岩山の景色を楽しんでるうちに二個目のトンネル。

ここは怖かった。

入ってしばらくするとなんとなく小さい子どもの声みたいなのが

かすかに聞こえてくるの。

向こうからくる人かと思ったけど一向に懐中電灯の明かりも見えない。

だんだん怖くなって足元だけ見て歩くんだけど、

やっぱ泣き声みたいなかすかな声がどこからともなく聞こえてくる。

こんなとこでホラーいらんねん!!

 

どきどき歩いてようやく出口の明かりが・・・。

したらいたよ。

親子連れが。

(心の中で)ぎゃーーーーーってなったけど、生きてる人だった。

いやこれ私にだけ見えてる人とかじゃないよね??と思い、

写真撮ってみたけどちゃんと写ってるし。

 

子どもが入るのぐずってたのかな??

まじビビったわ。

 

なんにしてもホラーじゃなくてよかった〜〜〜とか思いながら

気を取り直して歩いてるとカヌーを楽しんでる人発見。

どこから降りるんだろう。

ホラーは忘れて先へ進む。

 

ここは昼食ポイントらしいけど、すべて金網で覆われてる。

ここで座って食べるのってどうかと思うけど最近張られたのかしら?

 

さらに進むとこれは枕木に使われてたのかな?

 

どんどん勢いのます川の流れを楽しみつつも

暑さでぼんやりしてくる。

 

三つ目の短か目のトンネルを抜けると楽しみにしてた陸橋が!!

 

最初はこういう風な歩道にはなってなくて手すりの外側を歩いてたそう。

誰か落ちて亡くなってからこうなったとか聞いたけど、真偽は知らない。

 

渡るとすぐに四つ目のトンネル。

それでもトンネルは慣れない。なんとなく怖い。

 

トンネル内ですちゃすちゃすごいスピードで去って行ったおじーさんが休憩してた

ここは展望広場。

だらだら歩いてたんで時間は14時。ここでお昼にすることに。

 

よぼよぼしてたのに尋常じゃないスピードで妖怪かと思ったおじーさんは、

引退前は裁判所にお勤めだったそう。

裁判官とかだったんだろうか!?(他にも色んな仕事があるんだろうけど。)

 

お昼食べて歩き出したらすぐに親水広場に到着してしまった。

 

こんなに近いならお昼こっちでもよかったなと思ったら、

こっちの方が虫がすごかった。

 

河原にも降りるとこあって、こっちは虫少なそうだった。

ただし日影がなくて暑いけど。

 

ここからは短いトンネルを二つ抜けたらもう終点。

 

武田尾温泉には無料の足湯もあるそうだけど、この日もやってたのかなぁ!?

けっこう来てる人もいたけど入るなと書いてあったところを

通ってったので気がひけて確認もしなかったけど。

 

武田尾駅には温泉の方へ入らず川沿いをまっすぐ進めば到着します。

無人だけど、きれいな駅でした。

 

時刻はすでに16時を回ってる。

一人だったので気ままに随分長居をしてしまったけど

自粛自粛とどこにも行けなったので、今日は本当に来れてよかった。

 

歩きたいけど登山はちょっと・・・と言う方もここならいいんじゃないかしら?

秋にはコロナがどうなってるのかわかりませんが、

紅葉も中々素晴らしいそうなので、

収まってたらぜひ今度は誰かと一緒に行きたいなぁ。