奈良公園【春日山原始林】後編

  • 2019.06.30 Sunday
  • 14:56

JUGEMテーマ:日記・一般

 

さて、後編です。

 

鶯の滝見た後もひたすら歩き続けようやく鎌研交番所〜と思ったら随分開けた場所に。

駐車場だった。

車で上がってきたらしきちゃらけた若い中国人が数名。

そこを抜けるとすぐ若草山になっていた。

 

いきなり景色が開けて一気に明るい雰囲気に♪♪

山中では見かけなかった鹿もここにはいっぱい(笑)

 

少し登るとすぐここは三重目山頂。

 

奈良市内を一望出来る素晴らしい眺め。

 

ここは山頂のはずなのに更に上があるなぁと思ったら

古墳だそうで。

登っちゃったけどよかったのかしら・・・?

なんかここで寝てる人もいたけど・・・。

 

閉塞感漂う暗い山から一気に明るい楽しい雰囲気に♪

 

鹿の背中の模様やつやのある立派な角、かわいい鹿けつをしばし堪能(笑)

 

はぁ・・・かわいい♡

 

今時期入山料払えば若草山から直接降りられるそうで、

最短30分で下山出来るそう。

ここから降りるのかなぁ・・・。

近くのベンチに座ってたおじーさんに聞いたら

「降りるんやったら鎌研交番所の脇にある道やで。」と案内される。

ここじゃないの?

 

聞けば、そっちから行けばちょうど大仏殿の方に降りれるというので

言われるまま交番所横の道を降りるとこんな表示が・・・。

やっぱこっちって通常に降りるコースで、

よく考えたらどっちから降りても大仏殿の方に出るんじゃないかと気づくけど、

こっからまた戻るのもしんどいし面倒くさいなーとそのまま進む。

 

もうね・・・だいぶ疲れてるから思考能力もなくなってんのよ・・・。

でも後から思えばここはしっかり考えるべきだったわ。

こっから下まで長いこと長いこと!!

 

こんな休憩所があったけど、この段を上るのすらもうしんどい(笑)

 

途中季節外れに紅葉したような葉を見つけて思ったんだけど、

ここは秋に来たら本当に美しいんじゃなかろうか。

 

何分歩いたんだろう・・・。1時間以上歩いた気がする。

ようやく下山。

そういえば若草山には何度か来たことがあったっけ。

お弁当持ってビールやワイン持ってピクニック♪

食べて飲んだら寝ちゃって気付けば夕方で記憶もぼんやり(笑)

あんまり覚えてないから何度来ても毎回新鮮(笑)

 

そんな事をぼんやり思い出しながら重い足取りで鹿を横目に目指すは大仏殿。

 

こんなに疲れてるのになんで大仏殿かと言いますと、

何度も奈良には来てるのに実は見たことないんですよ大仏さん。

忘れてんのかなぁ、でも本当に見た記憶がないんだよなぁ・・・。

 

で、これを機会に観て帰ろうとそっちに向かっていたら二月堂に到着。

お水取りやってるとこだ。

ここも記憶ない。

この北側のエリアって本当に来た事ないのかも。

そしてここにきて初めて三月堂と四月堂ってのもあるのを知る。

 

いきなり人が増える。

二月堂は小学生の遠足のようだったけど、

東大寺は何校来てたのか修学旅行生だらけだった。

あとは外国人観光客。

 

ここが大仏殿。入堂料は600円だったかな?

すごい大きくて立派!!

観光客に紛れて歩いてたらさっきまで山さまよってたのがウソみたい。

私一人汗臭くて小汚い(笑)

 

そしていよいよご対面。どーーーーんっ

 

はぁ〜〜〜本当大きい。

やっぱ初めてだよ私。

観てたら忘れるわけないよ。・・・多分。

昨年は地震に台風にと大きな災害が多かったので、

今年はありませんように。。。と祈って帰る。

 

東大寺を出たらお土産物屋さんの通りはすごい人!!

鹿もいっぱい!!

みんな鹿せんべいあげてるんだけど、中に落とした紙食べてる鹿が!!

慌てて近くの掃除してた店の人に言ったんだけど、

もう取れないほど食べてて無理だった。

 

山でも二月堂の辺りでもグーグルマップ印刷した紙とかビニールごみ見つけて、

鹿が食べちゃいけないと思って拾って帰ったけど、

こういうのは本当に気をつけたい。

 

なんか大仏さん見れてよかったけど、

マナー悪い観光客まで見ちゃってちょっと気分が悪くなってしまった。

若草山で帰ればよかったかなー。

 

そう考えるとほとんど人のいなかった暗い山道もよく思える不思議(笑)

 

こちら、黄色いラインがざっくりだけど今回私が歩いたルートです。

原始林に入ってからはものすごく距離間がおかしいMAPだけど、

そこは気にしないで。

 

結局何キロ歩いたんだろうなぁ。

8時間ぐらいはうろうろしてたよね。

疲れたわ〜〜〜。

翌日会社行ったけど筋肉痛でまじ辛かった(笑)

 

 

※※※これから原始林へ行こうとする人へ※※※

 

ここは秋や春が絶対おすすめ!!

ルートは南側から入る方が絶対いい。

 北側から入ると登りがキツイ。南側からだとキツイ登りがなくだいたい下り。

 最後に若草山が来て楽しい♪

あったかくなってから行く人は虫よけ絶対忘れずに

真夏は顔もタオル巻くなどガードが必要です。

 26℃超えたら虫がえらいことになるそーです。

 平気な人だけどーぞ。

露出した格好は避けるべし

 首元開いたTシャツで行った私は鎖骨の辺り刺されたみたいで

 2週間ほどたった今もなんかピリピリしてます。

ヒルに注意!!

 

あとは最近一人で歩いてるハイカーもよく見かけるけど、

ここは人いなさすぎるからちょっと気を付けた方がいいかもね。

交番が三か所もあるけどキャーと叫んで届く距離では全くないし、

交番も必ず人がいるわけでもなさそうだったし。

平日だったからかしら?静けさを堪能するには最高だけど。

 

なんにしても山歩きは色々注意よね。

私も今回は色々勉強になりました。

 

鹿も堪能したし大仏さんも見れたのでしばらくいいけど、

またいつか歩きに来よう♪

今度は虫の少ない秋か春にでも(笑)

 

奈良公園【春日山原始林】前編

  • 2019.06.30 Sunday
  • 14:49

JUGEMテーマ:日記・一般

 

TVで奈良公園の鹿の番組見てたら会いたくなったので、本当に行ってきました(笑)

 

近鉄奈良駅には8時頃到着。

まだ観光客もほとんどいないので鹿もおくつろぎ♪

鹿に会えたからホントはもういいんだけど、

せっかく奈良まできたので奈良公園でハイキング。

事前にちょこっと調べたら春日山原始林を歩いたブログを発見。

 

知らなかったのだけどここは1100年以上前に狩猟と伐採が禁止されて以来、

春日大社の聖域として守られてきた国の特別天然記念物で、

今は世界遺産になってるそうです!!

 

若草山から入る北側の方がわかりやすいかとそっち向かってたのに、

 

鹿につられて歩いてるうちに気付けばここは浮見堂。あれ?

随分ルートを外れたので、結果当初考えてた通り北側から入ることにする(笑)

 

高畑パーキング横を山方面へ。

志賀直哉の旧居のあたりからささやきの小径へ入れるけど、

遠回りになるのでそのまま山を目指す。

 

着いた。

 

ここで改めてルートを見る。

柳生街道(滝坂の道・東海道自然歩道)ってルートもある。

そっちの方が距離が短いけどもしや険しい?

よくわからんけど戻るの面倒くさいのでこのまま行くことに。

 

ごらんの通り道幅もあり歩きやすそうな感じ。

ただね、写真じゃ明るくいい感じっぽいけど、

実際はもっともっと薄暗いです。

楽しい感じはちょっとしなかったけど、

まずは3.6km先の首切り地蔵さんを目指す(笑)

 

南部交番所でお巡りさんかしら?中に一人見かけた以外、

誰にも会わず黙々と歩いてると妙見宮に到着。

 

ここもねぇ・・・写真は妙に明るいけど、

実際は薄暗〜〜〜くてとても上に行く気になりませんでした(笑)

石段で休憩しようとするも蜘蛛やらデカい蟻やら蛾やら、

なんかよくわからん虫だらけで座るのも躊躇う。

立ったたまま水分補給。

 

じーっと見てるうちに魔界かなんかの入り口みたいに錯覚してきたところに

ここに来た郵便屋さん?に「おはようございまーす!」声をかけられ我に返る(笑)

( ゚д゚ )ハッ!

 

気を持ち直して?少し歩くと休憩所が。

ここも虫がいっぱいだけど、妙見宮のとこより暗さはマシ。

 

どこにも書いてなかったけど、ここはとにかく虫が多い。

歩いてても顔の周りまで色々羽虫が飛んで本当にうっとうしい。

蚊ではないけど、気付くと何かに刺されてる。

虫よけなしではとても歩けない。持っててよかった。

 

日差しがさえぎられてるので気温は低いの。

その分虫も閉じ込められてんのかなぁ。

 

こんなに道幅あるのに道の真ん中に枯れ葉浮いてたりしてるもんね。

あちこち蜘蛛の糸が垂れ下がってんのか時々私もひっかかったよ。

 

こんな感じで下に川が流れてるのをところどころ見かける。

歩いてる人がいてもしかして滝坂の道ってこれなのかなぁと思いながら歩く。

 

首切り地蔵さん到着。

お地蔵さんは鎌倉時代の作で、

江戸時代の剣客、荒木又右衛門が試し斬りしたそうでこの名がついたとか?

首はあったけど、お地蔵さんで試し切りとか罰当たり〜〜〜。

 

ここは休憩所があって滝坂の道との合流点。

先客にさっき下歩いてるの見かけたオジサン二人。

地元の方でよく来るらしく色々教えて貰う。

 

下の道は川沿いで良さそうに思ったのだけど、ヒルがすごいらしいです。

( ゚ Д゚ )ヒル???

ヒルなんて捕らえられて沼に繋がれたランボーの身体についてたのしか

見たことないよ!!まじで???

 

実際オジサンたちは伝って上がってこないように

足首とか全部レッグカバーっていうかゲートルみたいな感じでがっちり防御してた。

あとマダニとか色々注意だそう。

 

たまたまだけど上の道歩いてて正解だったわ・・・。

 

ついでに帰り道に会った管理局かなんかの人に聞いた話も今書くけど、

上の私が通ってきた道も真夏は大変みたいです。

 

何がって虫が。

真夏の虫はこの日どころじゃないそうです。

26℃超えるとすごいらしくてタオルで顔覆ってゴーグルでもしとかないと

目に向かって飛んできたりするんで、まじ大変らしいです。

 

涼しくて夏もよさそうに思ったけど、

絶対真夏は行きたくない・・・。無理すぎ。

 

ここからは他にもルートがあったようだけど先は長いし、

色々教えて貰ったオジサンたちに礼を言って別れ、

お地蔵さんに手を合わせて楽しみにしてた鶯の滝に向かう。

けっこう滝好き(*・∀・*)

 

芳山の交番所(人いた。)を左に進む。

ここで奈良奥山ドライブウェイと合流するので、

ここは遊歩道っていうより車道だね。

 

とはいえ人も見ないけど車もあまり走ってないよ。

走ってる人は2、3人いたけど、ハイカーにはオジサンたち以外ここまで誰にも会わず。

鶯の滝はこの赤い橋を渡っていくみたい。

 

ここからも誰にも会わずてくてく歩く。

この辺りはちょっと明るくて今まで歩いてたところより開放的な感じ。

 

まさかの石段。なにこれ降りたらまた登らんといかんの?

 

頑張って降りた先にひっそりと鶯の滝。

更に階段を降りると奥にも一つ小さな滝。

ロープが張られてて水辺には近寄れず。

ここにもヒルとかいるかもなんで別にいいけども。

 

名前の由来は滝の音が鶯の声に似てるそうですが、

私にはそうは聞こえなかった。

10mもないこじんまりした滝はそれでもいい感じでしたよ。

けっこう素敵。

 

先に道はあったけど、蜂に注意の看板とどこに続いてるのか

よくわからなかったので、元来た石段を戻る。

・・・辛い(´;ω;`)ヒィ〜〜〜

上の道までずーーーーっと石段。

 

上の案内図のとこまで戻って先にあるトイレに行ったんだけど、

汲み取り?水洗でないの久しぶりに見たわ。

だけど臭いもないしまぁまぁキレイ。やっぱ蜘蛛とか虫は色々いたけど。

山ン中だしな。仕方ない。

因みに手洗いの水はあった。

蛇口なくてじゃんじゃん出っぱなしだったけど。

 

赤い橋まで戻ってまた元の道を若草山目指しててくてく歩く。

一瞬女性ハイカーを見かけるけどあっという間に姿を見失う。速い・・・。

 

この辺りにくると若干明るく開けた雰囲気になり、

比例して顔の前に飛んでうっとうしかった虫もいなくなる。

涼しくてけっこう快適。

 

これは奥山最大の山桜だそう。

咲いてるの見たいね。見事でしょうに。

 

根本すごい!!桜には見えなかったよ(笑)

 

休憩所についたけど、暗~いし埃だらけでやっぱ座る気しなくてスルー。

 

多分ここから若草山までそんなに遠くないはず。

がんばれ私。

 

後編に続く。

 

【もちろん】自室の壁を白くする!!【DIY】

  • 2019.06.09 Sunday
  • 16:59

JUGEMテーマ:日記・一般

 

自室の壁はこのような化粧板。

我が家に限らず古い家はこのような板壁が多い。

 

何年も前からやろうと思いつつ手をつけかねていたのですが、

今年のGWは10連休。

ようやくやる気になったので頑張ってみました(笑)

 

まず最初にするのは板と板の間の凹み、黒い線の部分のパテ埋めです。

これ業者さんに頼むとベニヤ打って下地作って壁紙張るかたちに

なるんですが、さすがにそれはちょっと無理なんで、

壁紙にしろペンキにしろこの作業は必須になりまする・・・。

 

使ったのはコレ。

ホームセンターで1200円ぐらいだったかな?

これをケーキの絞り出し袋に入れて目地に沿って注入。

余分なパテをへらで取り、乾いたらサンドペーパーでやすり掛け。

これがもうほんとーーーーーーに面倒くさくて大変。

 

今回はペンキ仕上げの予定なのでどっちにしろやすり掛けはするんですけど、

板も古いのでけっこう傷んで荒れてるとこも多い。

結局目地はもちろん壁全体やすり掛けなんで本当にしんどい。

電動のやつ欲しいぐらい(笑)

 

おまけに目地部分は吸い込まれて一回じゃ凹みがまだまだ目立つんです。

なので2回がデフォ。

・・・辛い。

 

押しピンなんかの穴埋めもしてまぁこんな感じで。

 

それが出来たら後は楽しいペンキ塗り♪

ローラーでざーーーっと塗ってしまいたいんですが、

隅は届かないので刷毛塗りです。

写真ボケてますが、こんな感じでローラーが届かないところは

先に全部刷毛塗りしたほうが後が楽。

 

全部刷毛塗り終わったらローラーで一気に塗ってしまおう♪

因みに刷毛もローラーも二度塗りしてます。

 

それと後になりましたが養生はしっかりした方がいいです。

私は養生が面倒くさくて横着するんですが結局後からする羽目になるんで

最初にしっかり養生しといた方が楽です。

 

マスキングテープにビニールついてるマスカー。

新聞紙広げたりするより便利だよ。

 

完成したのがこんな感じです。

わーーーい!!まっしろーーーーーっ!!!(* ̄∇ ̄*)

 

本当はね、全部目地部分、二度埋めして壁一面つるっつるにしたくて、

そのために6日ぐらい予定してたんですよ。

ところがGWすぐに行った赤目で体力を使い果たした私は

翌日風邪で寝込んでしまい6日の予定がわずか4日に・・・。

 

なので目立つとこだけ二度埋めして他は一度しか埋めれてないんですよね。

でもパッと見そんなに気にならないでしょ!?

 

そういえばベッドとハンガーラック入れ替えたんだった。

このほうがキャットスペースも上手く収まってよかったです♪

これで猫たち床に降りずに部屋一周出来るんですよ(笑)

コンセントはそのうちキレイにしますので(笑)

 

ついでに柱もハンガーラックとかに合わせて塗りました。

ペンキじゃなくてステイン仕上げ。

 

さて、今回使用したのはこちらが全てでーす。

ペンキは7Lのうち使ったのは多分5〜6Lぐらいかなぁ。

実は全部何かに使った残りなんですよ。

今回買ったのはパテとマスキングテープぐらいなんで

2千円ほどかしら?

ペンキも7千円ほどなんで全部買ったとしても1万円ほど。

これ業者に頼んだら40万ほどかかるそうでそう思うと馬鹿馬鹿しい。

 

まぁプロに頼めばもっとキレイだろうけど、

40万も使うなら私はこの程度で十分満足です(笑)

 

余談ですが・・・ペンキなどの塗料使う場合ですが、

バケツとか色々全部ビニール袋かぶせとくと後始末が便利ですよ。

ビニール袋かぶせとくとそのビニール袋捨てるだけなんで、

洗う手間が省けます。

今回も洗うのローラーだけでめっちゃ楽でした(笑)

 

はぁそれにしてもやっぱ壁つるっつるにしたかったなぁ・・・。

でもとりあえず一回全部塗り終えてはいるんで、

気になるとこだけするならすぐ出来るかな。

 

もしくは最近は幅広のかわいいマスキングテープがいっぱい出てるんで、

そういうの貼るのもかわいいしアリかなと♪

 

夢はまだまだ膨らみつつ、

とりあえず一旦これで完成でーす!!

 

 

赤目四十八滝 part.3

  • 2019.05.19 Sunday
  • 18:35

JUGEMテーマ:日記・一般

 

美しい赤目の滝も残すは3つ。

 

琴滝。

浅いからか透明度がよくここもきれいだったなぁ。

 

最後の五瀑。

琵琶滝です。

琵琶の形に似てるからって聞いたけど、どこをどう見て・・・

 

もしや上から見て?

いや、わからん(笑)

 

そしてこれが最後、3,290m徒歩90分の最奥の滝、

岩窟滝です。

 

岩窟と言われればそれっぽい。

 

道にはこれより先には滝はありませんと看板が。

時計を見るとすでに12時。

片道3時間もだらだらしてたのかぁ・・・。

でもぜんぜんそんなに時間たった気がしていない。

 

しかし予想以上に時間をついやしたので、

帰りにも一つ残ってた夫婦滝をチラ見し、さっさと戻る。

(3つじゃなくて残り4つだった。)

 

すたすた帰ると帰りは1時間ちょいだったので、

往復3時間との案内は間違ってはいない。

 

ここは秋が人気らしいけど、

5月は本当に新緑が美しい。

青もみじというの?黄緑が本当にきれい。

 

マイナスイオンあびまくり(笑)

 

時々見える椿の赤がとても目をひく。

載せてないけど、岩間にもかわいい花が色々咲いてて、

もう終わってたけど、桜もぽつぽつ見かけましたよ♪

 

この先に延寿院があるらしいけど、

さすがに疲れたのでまた今度。

 

渓谷を出るとすぐにある赤目温泉、対泉閣さん。

850円だったかな?

時間帯は決まってるようだけど入浴のみの利用も出来るんです。

 

露天風呂があったのでそちらに向かう。

まさかの貸し切り!!うれしすぎ!!(笑)

先に何人か利用されてたんだけど、

入れ違いにみなさんあがっていかれたのよ。

はぁ〜〜〜幸せ〜〜〜〜〜〜(* ̄∇ ̄*)

 

帰りはバスを利用しようと思ってたのに

ぎりぎりまで温泉に浸かってしまった・・・。

しかし「へこきまんじゅう」は食べてみたい。

 

ふわっふわのホットケーキみたいな生地のたいやきって感じ。

あんやカスタードクリーム、ジャムやクリームチーズなどいろんな種類

があって、どれもおいしそう♪

まんじゅうというわりに和菓子っていうより洋菓子っぽい。

クリームチーズとジャムのを食べたけどおいしかったです!

 

帰りのバスはぎゅうぎゅう満員。

とても座れないけど、10分ほどなのでそのまま乗る。

 

さて今回は初めて行ったので滝だけみて帰りましたが

本当に行ってよかった〜〜〜。

今まで海潜ったり海外とかに目を向けてたけど、

近場もいいとこいっぱいある〜〜〜。

滝いい〜〜〜

山も楽しい〜〜〜

 

最近長坂山トレッキングコースというのも出来たそう。

ルートみたら下山口というところから登りたいんだけど、

どうやら赤目の滝の途中から登る一歩通行のコースみたい。

 

秋のパノラマビューは絶景っぽい。

今度はまたいい季節に足鍛えて行ってみようかな。

秋はすごい人多いらしいけど(笑)

 

帰って行ってきたって言ってもけっこう知らない人も多かった赤目四十八滝。

本当に素敵な場所だったので、行ったことない人は機会があればぜひどーぞ!!

 

 

赤目四十八滝 part.2

  • 2019.05.19 Sunday
  • 17:34

JUGEMテーマ:日記・一般

 

さて、続きですが、これは百畳岩からすぐにある七色岩。

七色岩というのは、看板の右の大きな転石で、

どうやら七種類の植物が自生してて一年を通じて

色が変化するそうです。

 

この仲良く並んだ滝は姉妹滝。

 

しばらく歩いて奥にちんまり見える柿窪滝ですが、

 

滝横の石段を登って上から見るとここも怖い。

深そ〜〜〜〜〜〜。

 

笄滝は写真の左に見えるんだけど、

それよりこの人たちはどうやってそこまで行ったのかな?

なんで三途の川みたいに石積んでんだろ??

 

なんか「あんたの落としたやつ金の?銀の?」とか聞く人出てきそう(笑)

 

これは雨降滝。

ここも雨が降ったら出来る滝みたい。

でもここ道幅狭いんで滝になってたら濡れるの確実(笑)

 

由来がわからないけど骸骨滝だって。

 

斜滝。

斜めになってるから?(笑)

 

そうそう書き忘れてましたが、ここには赤目五瀑という代表的な五つの滝がありまして

一つ目が不動滝、二つ目が千手滝、三つ目が布曳滝。そしてこれが4つ目の赤目五瀑の

荷担滝!!

なんて美しいんでしょう・・・。

 

なんという水の色。

こここそ女神様とか本当に出てきそうに美しかったです。

スマホの写真でどこまで伝わるかわからないけど、

本当にキレイでしたよ。

 

そしてこちらは雛壇滝と言うのだけど、

滝というほどではない感じ。

でも私は景色としてはここが一番好きだったかなぁ。

すごく雰囲気がいい感じで、おやつ食べてしばらくぼんやりしてました(笑)

 

 

さて、荷担滝までで2,600m、徒歩70分とあったけど、

写真撮りながら景色を堪能しながらのんびりのんびり歩いてた私はすでに

2時間半ぐらいは優に使ってる。

 

残る滝はあと3つ。

Part.3へ続く。

 

赤目四十八滝 part.1

  • 2019.05.18 Saturday
  • 15:04

JUGEMテーマ:日記・一般

 

先日のGWを利用して赤目四十八滝へ行って来ました。

ずーっと行きたかったのよね。

大阪からは近鉄上本町から五十鈴川行に乗り、赤目口駅まで約70分。

GWだから混んでるかと思い早めに出発。

赤目口には7時半ごろ到着する。

 

赤目の滝まではここからバスで約10分。

しかし平日は10:00〜土日祝日は9:00〜しか運行していない。

なので早く着いた場合は歩くべし。

ほぼ1本道なので迷う心配はない。

 

約5kmの道を1時間ほどかけて歩きやっと到着。

ここが入り口。

入山料500円を払って中へ。

車で来た人達がすでにちらほら。

 

入って早々に現れた滝は行者滝。

 

いい感じの道を100mばかり進むと早くも次の不動滝に到着。

不動橋を渡り、その上から見た不動滝はなかなかの迫力。

 

滝というにはかわいらしい乙女滝♪

四十八滝というのは四十八の滝があると言う事ではなく、

このような大小さまざまな滝がたくさんあるという事だそうです。

 

さらにかわいい大日滝。

 

千手滝を見ながらちょっと栄養補給。

ここは売店と休憩所があるので座ってゆっくりできますよ!!

 

川沿いずーっと歩くだけかと思ってたんだけど、

けっこう急な石段上がったり譲り合ってすれ違うような細い道があったりと

思ったより山道な感じ。

 

そしてこちらは布曳滝。

うん、ぴったりな名前だねぇ。

高さは30mほどあるそうで滝壺が深い深い!!

 

ここから次の荷担滝までは、往復90分ほどかかるそうで、

午後4時半までには必ずここから下山して下さいとの事。

確かに日が暮れたら危ないわ。

 

ここは何滝だったっけ・・・

竜ケ壺・・・かな?ここもけっこう深くてじーっとみてたらなんか怖い。

 

けっこう登るの大変。こういう石段多かったわ。

 

縋藤滝は雨が降ったら滝になるのかな?

この日は滝ではなかったね(笑)

 

そしてこちらが陰陽滝。

 

 

釜ケ渕。

 

朝早く来て正解。

まだ人も少ないので川のせせらぎと鳥の声しか聞こえない中、

マイナスイオンを浴びまくる。

本当に気持ちよく爽やかに歩いてるうちに百畳岩に到着。

 

ベンチもある休憩エリアになっている。

ここからますます渓谷感が増してくるんだけど、

お時間や体力と相談して進むべし。

けっこう息上がってる男性もいたからねー。

 

さて、長くなったので一旦終了。

続きはPart.2で♪

 

 

 

 

 

 

吉野の桜 3度目の正直

  • 2019.05.12 Sunday
  • 20:38

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今年も行ってきました吉野山🌸

8時ぐらいには着いたのだけど、

多いだろうと予想し今年も駅から歩くつもりで行ったけど、

今年もやっぱりすごい人(笑)

 

でも今年は念願のピンクのお山が見れそうで駅からワクワクしながら

登ってたら・・・おおーーーっ!!!

去年コーヒー飲んだお店の前もこんなにきれいな桜です!!

 

駐車場からの景色も♪

 

去年通りかかった時は薄暗い暗い雰囲気だったお寺の桜も満開で!!

 

休憩所のあたりもこんな桜があったとは!!

 

花矢倉のあたりも素晴らしい景色。

 

吉野山はちょっとお花見のつもりで行くにはなかなかの山登りで、

体力のない方にはけっこうきついのだけど、

こんなにきれいな景色が見れるとなるとまた行こうって思うんですよね♪

 

私は今回急に思い立ったので一人でふらりとでかけたのだけど、

一人がこんなに楽しいとは(笑)

自分のペースで好きなように山歩き。

雲一つない青い空に満開に咲き誇った桜の花。

 

空気はおいしいし、何この解放感。

一人サイコーーーって感じ(笑)

 

いや、友達と一緒は一緒で楽しいんだけどね。

なんか一人楽しかったです。

 

そんな楽しい気分でずんずん登る。

ちょっと厳しい坂をはぁはぁ息を上げながら登った高城山は

・・・まったく咲いてなかったな。

 

どうやら奥千本はまだまだこれからみたい。

でもあまりの気分の良さにせっかくきたので西行庵まで行くことに。

この辺りは涼しくてウグイスの鳴き声を楽しみながら

気分よく歩く。

 

西行庵。

やっぱりまったく咲いてない。

でも下に比べると随分人も少ないのでのんびり休憩するのにちょうどいい感じ。

この日は汗ばむ陽気で身体を冷ます風が気持ちよかった。

 

ぐるりと回って下山するのだけど、

本当に桜が美しくて疲れも忘れます。

 

道中ずっと楽しい。

 

どこも一面ピンク色♡

 

駅までもう少しのところ。

人が多くて乗らなかったけど、

もうちょっと人少なかったら景色を見ながらケーブルカーもいいなぁ・・・。

 

さて、三度目にしてようやくピンクのお山を見れて感無量。

今年は4月13日に行ってこれだったから

去年がたまたま早かっただけでやっぱ10日あたりがベストなんでしょうね。

 

で、ピンクのお山を見ようと思ったら中上千本の満開を狙うべきで、

奥千本は別にしないといけませんね。

 

一応これで気は済んだので来年はまた別のところへ行こうかと思ったけど、

この美しさは何度でも見たくなりますねぇ🌸🌸🌸

また来年考えよう(笑)

 

 

 

 

翔んで埼玉

  • 2019.03.31 Sunday
  • 23:34

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

魔夜峰央先生原作の漫画です。

なんといいますか・・・

GACKTさんはじめ、役者さん方の振り切った演技が素敵でしたw

 

これね、

多分地元の埼玉の人が見るのが一番面白いんちゃうかな!?

関西人にはいまいちわからんところが色々ありましたが、

それでもまぁ面白かったです。

 

観たからってなんにもならん映画と思うけど、

これはこれでよし。

こういうのもあり。

 

どっちかというと漫画の方が面白かったけどね。

 

 

シンプル・フェイバー

  • 2019.03.31 Sunday
  • 23:21

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

観ようと思ってた映画に遅れて、

丁度始まったので観たのがコレ。

全く予備知識なく観たもんで最初は何がなんだか・・・?

 

結果サスペンスでなかなか面白かったんだけど、

アナ・ケンドリック演じるステファニーがとにかくウザいw

めっちゃおせっかいでダサいシングルマザーなの。

ダサいってか空気読めないタイプってか、

いい人なんだけどw

 

これね、日本人で撮りなおすとまるっきり火サスになるよ。

種明かしは崖っぷちじゃなかったけど。

 

火サスっぽい安っぽさと観やすさの分、

観終わった後、あまり印象に残らずすぐ忘れてしまいそうなので、

せっかく話は面白かったんで、

もうちょっとシリアスに怖いサスペンスに撮ってもよかったのになと思う。

ちょっと残念。

 

 

ことぶきとねずみさん

  • 2019.03.11 Monday
  • 00:07

JUGEMテーマ:カメ全般

JUGEMテーマ:にゃんこ

 

母の部屋でことぶき遊ばしてたら

退屈したらしいすずおさんとひなこさん。

 

どっか行ったなーと思ったら、

だだだーーーっと走ってきて咥えてたねずみさんをポイってほり投げて

私をじーーーっと見つめるすずおさん。

目線の先はわたくし。

・・・遊べってか。

 

せっかくわざわざ持ってきたので、

振り回して遊んでたらことぶきが黙々と歩いているので、

ことぶきにもねずみさんを投げてみる。

 

・・・黙って踏み越えていくことぶきさん。

 

まったくねずみさんに興味を示さないことぶき。

(当たり前。)

 

ことぶきはとにかく歩き回ってるのが好きみたい。

ほっといたらずーーーっと部屋の壁沿いを何周も歩いてる。

もしくは障害物を登ったり降りたりを繰り返してる。

 

・・・。

ちょっと無理っぽくてためらってることぶきがかわいい(笑)

ちなみにこのイルカさん。

先日京都水族館でくじ引いたら二等が当たって貰ったのー!!

 

それはともかく、

にゃんずとことぶきが一緒に遊んでくれたら一番いいんだけど、

なんかいい方法ないかしらね???

 

ことぶきがあの子たちの遊び道具にならない方法で(笑)

また怪しい目でことぶき見てるひなこちゃん。

やめなさいって。

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

実店舗HP

minne MARINO'S GALLERY

ブクログ

ソーシャルライブラリー

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM