権現山〜ホッケ山を経て蓬莱山へ

  • 2020.03.29 Sunday
  • 19:14

JUGEMテーマ:日記・一般

 

2020年3月20日春分の日。

コロナで繁華街に遊びに行くのははばかられるので、

人けのない山で遊んできました(笑)

 

出町柳7:45発のバスで40分ほど。

平(ダイラ)停留所で下車し、5分ほどかな?戻ったところが登山口です。

 

最初は歩きやすいゆったりした登りなのだけど

長らく人が入ってないんじゃないかってぐらい落ち葉で汚れた

なんかうす暗い道でちょいビビる。

そのまま進んで行くと銀色の大きなタンクみたいなのがあり、

そこを左折し道なりに行った先にある大きな分岐をうっかり進みそうになるけど

行っちゃだめです。

そのすぐ先にある二個目の分岐が正解。

 

こんな看板あるからそこを登るの。

 

登るんだけど、こんな感じで荒れてて本当にこの道で

あってるのかと不安になります(笑)

林業の方の?テープがいっぱいでマークはわからない。

踏み跡よく見て登る感じ。

これ一人じゃ厳しいわぁ。

迷子になって途中で戻ろうとしても戻る道がわからなさそう。

 

休憩する場所もなくひたすら登ること30分。

アラキ峠に到着。

ここで少し水分補給。

先に休んでらした方に「7割ぐらいは登ってるんで後もうちょっと♪」

って言われたのだけど、ここから更に急登だったりする(笑)

 

で、この通り道は相変わらずわかりにくい。

 

景色が明るくなって本当に山頂までもう少しってとこで道に迷う私たち。

どう見たって道やん?

でもこっちじゃなくて上に登らないといけなかった模様。多分。

 

YAMAPのGPS見ながらなんとかリカバリ。

開けた景色見て少しほっとする。

 

そして山頂のこの景色!!!

琵琶湖だよ!!琵琶湖大橋も見えるね♪

 

写真じゃ伝わらないかもしれませんが、

実際見るとおおおおーーーーーーっ!!!と感動して、

登りのしんどさすっかり忘れました(笑)ほんとに。

 

権現山 標高994m。

この辺りまで登ると景色も空気も違いますね。

 

さて、景色を堪能・・・と言っても強風でそんなにゆっくりもしなかったけど、

それでも十分感動したところで先に進みます。

 

後は尾根沿いなのでずーっと琵琶湖見ながら歩けるの。

木に視界をふさがれることはない。

 

その後しばらく判りやすい道歩いてたはずなのにまたもや道迷い!!

ここもあきらかに踏み跡あるのに倒木につぐ倒木でこれ絶対違うやろ!!

状態に・・・。

この向こうからこっちに来たんだけど、

木をまたいでる時に滑ってこけた。

タイツ破けなくてまじよかった・・・。

 

でもここってこれだけ土えぐれてんだから

前はちゃんとした登山道だったんじゃないかしら。

台風でこんなんなっちゃった?

 

方向は判ってたので行けそうなところで軌道修正。

無事ホッケ山に到着。

標高1051m。

この日は市内でも強風注意報が出てたんだけど、

1000m超の山の上はお察し。

とても長居出来たもんじゃない(笑)

 

次の蓬莱山へ尾根を進みます。

 

さっきまでいたホッケ山の山頂。

 

この先は特に迷う個所もなく無事、小女郎峠に到着。

ここまで来ると登山者もちらほらと。

ここから10分ほどの小女郎ケ池でお昼にしようかと予定してたのだけど、

あまりの強風で諦めて山頂を目指します。

 

途中で見えた小女郎ケ池。

 

なだらかそうに見えるけど何気にアップダウンがあったりして・・・。

 

最後の登りが地味にキツイ。

 

この辺り、この日は大丈夫だったけど、

2週間ほど前は雪解けで泥だらけの水たまりだらけで大変だったみたい。

 

無事に到着♪

蓬莱山 1173m。

ホッケ山ほどじゃないけどここも結構な強風。

 

この日はまだスキー場がOPENしてて、

このすぐ横がリフトの降り口でスキー客もそこそこいる中、

ゲレンデの端っこをそろ〜り降りる。

 

琵琶湖テラス方面に行くには一か所ゲレンデを横切らないといけなくて、

誘ってくれたKさんもCLOSEしてる時しか来たことないらしく、

通っていいのかわからず困惑・・・。

結果、通っていいんだけど靴の泥はきれいにしてからにしてねとの事。

 

無事琵琶湖テラスに着いたけど、

なんか痛いなーと思ってたら私の右の踵になんと靴擦れが!!

靴下履いた靴で靴擦れなんて初めてだわ!!

 

幸いびわこバレイにはロープウェイがあるので、

今回は無理せずそれで下山することにしたんだけど、

その料金に驚愕したわ。

 

片道1600円!!!高すぎぃ〜〜〜〜〜!!!

 

まぁ3時間かかるところを5分で下りれると考えるか、

5分しか乗ってないのに1600円と考えるか・・・だな(笑)

 

下りたら志賀駅までのバスが発車したとこだったので、

駅まで歩く。

 

下りが歩けなかったのは残念だけど、

今日の山行も楽しい山行だった。

 

こういう高い山って何が難しいって登る技術とかじゃなくて道が難しいね。

今回3回目のKさんと一緒でも二回迷った。

一人じゃ自信ないなぁ・・・。

人が多い時が嫌いなKさんは決してその時期には一緒に来てくれないだろうけど、

ここはスイセンがすごくキレイなので私はその頃にまた来たい。

なので道はしっかり覚えておきたかったのだけどねー。

 

そのKさんにここ登れたらもうどこでも行けるよ♪って言われたんだけど、

これなんかのテストだったのかしら!?

とりあえず今度伊吹山一緒に行くことになりました(笑)

 

まぁ時期じゃなくてもまた来よう。

スイセンなくても景色は素晴らしいところだから。

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM