生まれたての赤ちゃん猫

  • 2016.07.15 Friday
  • 15:18

JUGEMテーマ:にゃんこ

 

火曜日の話なんだけど、お店開けたらいきなり近所の人が、

「すみません!!ちょっときて!!ちょっときて!!どうしたらいい!!??」

と、大騒ぎで飛び込んできた。

何事???と思ったら、どうも生まれたての子猫が落ちてるらしい。

近くのおうちのシャッター内で月曜日からずーっと鳴いてて今そこのうちの人に

開けて貰ったらやっぱりいたって。

 

・・・なぜうちに言いに来る(ΦωΦ;)

 

しょーがないから見に行く。

 

こんなんいましたけど。

どうもようく話を聞くと、その言いに来た人が世話してる野良ちゃんがおかあさんみたいで、

この子は土曜日に生まれたっぽい。

で、月曜日からどうやって入ったのか子猫はよそんちのシャッター内で閉じ込められてて、

親猫行方不明。

 

なんでうちに言いに来たかと言うと、今から出かけないといけないのと、

なんか怖くて触れなかったっぽい(*ΦдΦ;)ハァ?

ちいさすぎて怖いんかな?

まぁへその緒もまだついてて、ねずみっぽいけどね。

 

それにしても・・・生まれたてのきじ猫とは・・・。

ももちゃんを思い出すなぁ。

 

生後1週間目のももちゃん。

92年。24年も前なのか・・・。

 

ももちゃんも野良の子なんだけど、ちょうど近所の野良猫が一斉に保健所に捕獲された時で、

親猫もつかまっちゃったんじゃないかな。

うちの天井裏で生まれたももちゃん。廊下の天井破って保護したのが3日目だったでしょか。

当時は獣医さんにも「育つかどうかわからんよ。」と言われたんだけど、

生命力もあったんでしょう。頑張ったかいあって、

半年後に来たはなちゃん共に20年も元気に我が家で過ごしましたよ(*ฅ•ω•ฅ*)

 

3ヶ月ぐらいたっても離乳出来なくて、どーしたものかと思ってたももちゃんだけど、

いやぁ今見てもほんとかわいいわハートハートハート

 

先住猫のみいこさんと初めて対面したところ。

当時みいこさんは15歳。みいこさんも青い目がきれいな美猫さんだったなー。

 

なんでこんな大きいのに家ん中にいたのかよくわからないちびと。

 

20年後のももちゃん。

とても20歳のおばぁちゃんには見えないでしょゆう★ゆう★ゆう★

 

はなちゃんも20歳に見えないべっぴんちゃんゆう★ゆう★ゆう★

 

すずお&ひなこはもちろんかわいいけど、

顔のかわいさはだんぜんももちゃんたちの勝・・・Σ(`艸´;)ハッ!!

な、なんでもない。

 

えーと・・・

実はこの水曜日がももちゃんの命日だったんです。

一瞬「あの子はもしかして!!」・・・と、思ったけどだまされちゃいけない。

違うから。

 

で、どうしたものかと思った赤ちゃんはその後親猫が見つかり、

対面させたらしばらく様子見てたけど、咥えて連れて帰りました。

もうちょっと大きかったらそのまま保護して里親さん探してあげればいいと思うけど、

さすがに生まれたては親猫のそばの方が望ましい。

人間が育てるの大変すぎ!

 

また育児放棄とかなったらあぶないんで一応親猫ともに様子見です。

たぶんうちには縁のない子だと思うけど、

どうぞ幸せになりますようにキラキラキラキラキラキラ

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

実店舗HP

minne MARINO'S GALLERY

ブクログ

ソーシャルライブラリー

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM