繊維壁にペンキを塗ってみた!!

  • 2016.11.01 Tuesday
  • 01:19

JUGEMテーマ:日記・一般

 

さて、夏に砂壁にペンキを塗ったことに気をよくした私は、

調子に乗って今回は繊維壁にもペンキを塗ってみる事にしました!!

 

砂壁リフォームはコチラ

 

繊維壁・・・見たことありませんか?

昭和の住宅では多く見られた、キラキラした繊維が入った塗装仕上げの壁の事です。

昔はけっこう流行ってたようなんですが、 古くなると振動でも土壁と同じくぼろぼろ

綿くずみたいなのが落ちてきてなかなか面倒くさい。

 

湿気に弱く霧吹きなどで水分を含ませ時間を置くとへらなどできれいに落とせるようで、

本来はキレイにこそげ落とした後で壁紙なりペンキなり色々DIYする様子。

 

しかし私はこれもそのまま塗ったほうが拭きつけっぽいんじゃなかろうかと、

土壁と同じくそのままペンキを塗る方向で作業してみることに(●ↀωↀ●)✧

 

前に使ったアサヒペンの「せんい壁・砂壁おさえ」が残ってたので、

それを下地処理に使います。

土壁ほど色の変化はなく、乾くとまったく変わらないです。

 

因みに茶色っぽいところは剥げてるんだけど、気にしなーい。

気になる人はパテ推奨。

 

しっかり乾いたら、さぁペンキ塗りです音符♪音符

写真はありませんけど、養生も一応してますからねー!!

 

ローラーにたっぷりペンキを含ませ、

楽しい気分でごーろごろฅ(○•ω•○)ฅ

 

?????剥げた・・・。

しっかり乾いたと思ってたけど、乾き切ってなかったんだろうか?

ローラーに繊維壁がひっついてきてハゲちゃったよ・・・orz

 

色々試した結果、どうやら繊維壁ってのは、

下地で固めてもペンキの水分でまた柔らかくなっちゃうみたいですね(๑• ̀д•́ )ナント!!

 

で、方法としては塗り残しがあってもしつこくごろごろローラーをかけずに、

さーっと塗っちゃって一旦乾かす。それを繰り返した方がいいようです。

 

そうやって出来たのがこちら(*ฅ•ω•ฅ*)

けっこうキレイに塗れましたハートハートハート

 

近くで剥げてたとこ見たらこんな感じだけど、

ぱっと見そんなに気にならず(笑)

 

それよりもこっちの方が気になる事に・・・。

わかります?

ひび割れて乾いたペンキがちょっと浮き上がってきてるでしょ?

 

実はこの部屋、半分は夏場にしてたんですが、

忙しかったんで残り半分は先月したんです。

 

その際にどうせ下地塗っても剥がれやすいんだからなくてもいいかなーと、

ダイレクトにペンキを塗ったんですよ。

けっこう上手に塗れたんで、まさか乾いてからこんな事になるとはね(ΦωΦ)・・・


この時点で、ぐだぐだ考えてても仕方ないので、

とりあえず天袋をデコパージュして無理やり完成さす(笑)

 

結論としましては、随分明るくなって雰囲気もいいし、

まぁまぁ満足ハートハートハート

ひび割れのある壁も全部がそうなってるわけじゃなく

一部分だけなので注意を払わなければ思ったほど気にならず。

 

もう一回塗ったら収まるような感じもしないでもない。

が、余計汚くなる可能性もあるので、しばらくはこのままで・・・。

 

さすがにこうなっては、

次はちゃんと繊維剥がしてから塗ったほうが良さそうな気もしますしね。

 

教訓としまして・・・

まぁなんにしても下地は大事。

顔でも壁でも横着せずに頑張りましょう!!(笑)

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

実店舗HP

minne MARINO'S GALLERY

ブクログ

ソーシャルライブラリー

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM